Python3: あなたの知らないNoneの世界

PythonのNoneとは

  1. Noneは値がないことを意味する。
  2. Noneは特別な値である。
  3. NonTypeというデータ型の唯一の値である。
  4. これは他の言語でいうところのnull、nil、undefinedと同様のものである。
  5. Noneは大文字から始めて書く。

ということでNoneはこういったものだ。Noneは値だ。Noneを返す関数がある。例えばprint()などだ。関数は戻り値が必ず必要だがprint()は返す必要がないのでNoneを返すようにできている。

変数の値がNoneか調べる方法

Noneは値なので、「==」と、等号を2つでもできるがこれは変数にint型やstr型が入っている場合にはエラーとなる。なので以下のようにした方がより良い比較である。

value = None
if value is None:
    print("This Is None.")

return文のない関数定義

Pythonでは「return」文のない関数定義には末尾に「return None」を追加する。

return文とNone

「return」にNoneが書かれていない場合、ただ「return」と書かれていてもNoneを返すようにできている。

むすび

最後にNoneの実装をみんなで鑑賞したい。

ありがとうNone。

コメントする